アイロンビーズのプレートは全部で3種類!違いやおすすめサイズを分かりやすく紹介

アイロンビーズのプレートは全部で3種類!違いやおすすめサイズを分かりやすく紹介
この記事のまとめ

アイロンビーズには、3種類のプレートがあります。

プレート選びを間違えてしまうと、作品が作れなかったり、子どもがやりづらくて嫌になっちゃうことも…。

当ブログ【ゆんとも】では、プレートの種類や違い作品が作りやすいプレートを紹介しています!

子どもから大人まで、時間が経つのを忘れて、ついつい夢中で遊んでしまうアイロンビーズ。

アイロンビーズ
アイロンビーズで遊ぶ様子

アイロンビーズは1つ1つのビーズが小さいので、初めて遊ぶ人からすると「ちょっと難しそう…」と思いますよね。

ですが、実はアイロンビーズって、2歳~3歳から遊べるおもちゃなんです。

ただ、1つだけ注意するポイントがあります。

それは、プレート選び

ママ
プレート選びを間違えると作品が作れず、子どもがイヤになっちゃうことも…

アイロンビーズには、3種類のプレートがあります。

当ブログ【ゆんとも】では、プレートの種類や違いについて、くわしく解説しています。

アイロンビーズをこれから始めるお子さん向けから、マリオやディズニーといったキャラクターものを作る用のプレートまで幅広く紹介しているので、ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク
タップできる目次

アイロンビーズのプレートは全部で3種類

アイロンビーズのプレートは全部で3種類

アイロンビーズのプレートは、大きく分けて3種類あります。

ゆんともパパ
1つずつ

くわしく見ていきましょう

シリコンプレート

1つ目は、シリコンプレートです。

シリコンプレート
シリコンプレート

シリコンプレートはやわらかく、子どもの力でも曲げることができます。

プレートを曲げる
ぐにゃっと曲げている様子

シリコンプレートは、小さなお子さんアイロンビーズ初心者の方におすすめ。

なぜなら、プレートの突起にしっかりとビーズがはまって、取れにくいからです。

外れにくいシリコンプレート
はまっているビーズが落ちない!

作品を作っている途中に手がぶつかっても、ビーズがバラバラにならないのがシリコンプレートの魅力になります。

また、小さいお子さんでも指でカンタンにはめられるので、アイロンビーズを始めるならシリコンプレートを選ぶことをおすすめします。

ママ
わが家も、シリコンプレートから始めました

かたちプレート

2つ目は、かたちプレートです。

かたちプレート
色鮮やかなかたちプレート

かたちプレートは丸や星、ハート、動物など、かなり種類が豊富。

好きな色のビーズをはめていくだけで完成するのが、かたちプレートの魅力になります。

アイロンビーズ遊びにすこし慣れてきて、「かわいい動物キャラクターを作ってみたい!」となってきたお子さんにおすすめです。

アイロンビーズで遊んでいる娘
アイロンビーズに夢中の娘

かたちプレートは、単品で販売されているものもあれば、ビーズとセットで販売されているものもあります。

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で探す
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで探す

かたちプレートを選ぶときのポイント

かたちプレート選びで注意したいのは、プレートの形によってビーズをはめる突起の並び方が違う点です。

ママ
どういうこと…?

たとえば、六角プレートと四角プレートでは、ビーズをはめる突起の並び方が違います。

ビーズをはめる突起の並び方が違うため、四角プレートで作った作品は六角プレートでは作れません。

また、六角プレートで作った作品は、四角プレートで作ることができないので注意してくださいね。

四角プレート

3つ目は、四角プレートです。

四角プレート
もっともポピュラーな四角プレート

マリオやディズニーのキャラクターを作るときは、四角プレートを使います。

基本サイズは8cm×8cmタイプで、大きな作品を作る場合は15cm×15cmサイズのプレートを使います。

四角プレート
8cm×8cmプレート
15cmプレート
15cm×15cmプレート
ゆんともパパ
15cm×15cmサイズの方が使いやすいよ

四角プレートを選ぶときのポイント

四角プレートを選ぶときは、ビーズサイズにぴったり合うプレートを選びましょう。

「四角プレートの突起サイズ」と「ビーズのサイズ」が違うと、ビーズがはまらないからです。

アイロンビーズは、1つのビーズの大きさが5.0mmが一般的

ビース

5.0mmサイズのビーズを使って作品を作るなら、5.0mm用の四角プレートを選びましょう。

一方、ミニアイロンビーズ(ナノビーズ)といって、通常のアイロンビーズの約半分しかない直径約2.6mmサイズのビーズがあります。

ミニアイロンビーズの作品を作るなら、 2.6mm用の四角プレートを選びましょう。

ナノアイロンビーズのプレート
ナノアイロンビーズのプレート
四角プレートのまとめ
  • 5.0mmビーズ⇒5.0mmサイズ用の四角プレート
  • 2.6mmミニアイロンビーズ(ナノビーズ)⇒2.6mmサイズ用の四角プレート
ママ
ビーズによって、使えるプレートが違ってくるんだね
ゆんともパパ
プレート選びを間違えると遊べないから、慎重に選んでね

アイロンビーズのプレートでよくある質問

アイロンビーズのプレートでよくある質問

ここからはアイロンビーズのプレートについて、よくある質問をまとめました。

ゆんともパパ
1つずつ

くわしく見ていきましょう

プレートに違いってあるの?

アイロンビーズのプレートは、こちらでお伝えしたように大きく分けて3種類あります。

多くの人が使っている四角プレートは、次の2種類のプレートに分かれます。

  1. 5.0mmビーズ用のプレート
  2. 2.6mmビーズ用のプレート

2.6mmビーズ用プレートに、5.0mmのビーズははまらないので注意してくださいね。

ゆんともパパ
Amazonの口コミで、間違えて買ってしまった…とよく見かけるのでご注意を

ちなみに、ビーズとプレートのメーカーが違っていても作ることはできます

ですが、ビーズのサイズやプレートの突起の高さに誤差があることもあるため、ビーズとプレートは同じメーカーで揃えると作りやすいです。

ママ
初めてアイロンビーズを始めるなら、最初にセットを買っておけば問題ないよ

おすすめの大きさってどのサイズ?

アイロンビーズにはいろいろなプレートがありますが、おすすめは15㎝×15㎝の透明の四角プレートです。

15cmプレート

15㎝×15㎝の透明の四角プレートをおすすめする理由は、次の4つになります。

ゆんともパパ
ひとつずつ説明していきますね

プレートに対応した図案がたくさんある

アイロンビーズの図案はセットについてくるものだけでなく、インターネット上でもたくさん公開されています。

マリオやディズニーといったキャラクター作品を作るときは、15㎝×15㎝の透明の四角プレートを使います。

マリオ
作品:ルイージ
ポケモン
作品:ポケモン

子どもに人気のマリオやポケモンの図案の多くは、四角プレートを基準に考えられています

四角プレートがあれば、作れる作品の幅がぐっと広がります。

ママ
子どもたちの好きなキャラクターが作れるよ

連結可能で大きいサイズの作品も作れる

四角プレートは、プレート同士を連結させることができます。

プレートを4枚連結させると、大きな作品が作れます。

プレートを連結
プレートを連結させて大きな作品に挑戦!

違うメーカーのプレートは連結できないので、同じ種類で揃えるようにしてくださいね。

ママ
長期休みは大作に挑戦してみてもいいかも!

アイロンがかけやすい

15cm×15cmのプレートはサイズが大きく、アイロンがかけやすいメリットもあります。

アイロンがけをしている様子
作品がくずれないようにアイロンがけ

プレートのサイズが小さいと、プレートの端にビーズをたくさん置くことになります。

プレートの端に置いたビーズをきれいにアイロンがけするのは、なかなか大変な作業なので、プレートを広々使える 15cm×15cmサイズを選びましょう。

ゆんともパパ
大きいプレートの方が作りやすいよ

透明ならオリジナル作品に挑戦できる

プレートの色は、透明がおすすめです。

プレートが透明なら、図案がなくても好きな絵を下に敷いて、線に合わせてビーズを置けば作品が作れるからです。

アイロンで遊んでいる娘
色んな作品に挑戦!

自分で絵を描いて、世界にひとつだけの特別な作品に挑戦してみてもいいですね。

アイロンビーズに慣れてきたら、四角プレートで作品の幅を広げましょう!

プレートが歪んでしまった

同じプレートを何度も繰り返し使用していると、プレートが歪んでしまうことがあります。

結論を先にお伝えすると、プレートの歪みを自力で直すのは難しいです。

熱を加えてプラスティックの歪みをなおす方法がありますが、時間も手間もかかります。

アイロンビーズのプレートは、4枚セットで1,000円しません。

完成した作品がプレートの歪みで崩れてしまう可能性があるため、プレートが歪んでしまったら新品を買うことをおすすめします。

ゆんともパパ
新品にした方が、キレイな作品が作れるよ

プレートが溶けるんだけど、どうすればいいの?

「プレートの突起の先端が溶けてしまっている…」経験をした方も多いのではないでしょうか?

プレートが溶けてしまうのは、アイロンがけするときに力を入れ過ぎているのが原因かも。

力を入れすぎるとビーズが必要以上につぶれ、プレートの突起にまで到達してしまいます。

  • アイロンの温度は、低温~中温に設定する
  • 押さえつけずに、ゆっくりすべらせる
  • スチーム機能はオフにする

以上の3つを意識してアイロンがけをしてみてください。

プレートなしでも作品って作れる?

アイロンビーズはプレートがあればきれいな形で作りやすいですが、なくても作品を作ることは可能です。

要は、ビーズを並べるときにずれないように固定さえできれば大丈夫。

ママ
それはそうだけど、どうするの?

例えば、小さな作品なら、両面テープの粘着部分に貼っていけば、ずれることなくビーズが並べられます。

大きな作品の場合は、印刷用のシール台紙等を使えば可能です。

ママ
シール部分に直接ビーズを貼るのね!

服の繊維など、ほこりがつかないよう注意が必要ですが、プレートがないときでもアイロンビーズを作れます。

プレートを使わないことで、突起の位置にとらわれず自由にビーズを置けるのもメリットですね。

とはいえ、プレートがあった方が作品は作りやすいので、プレートを準備することをおすすめします。

ゆんともパパ
プレートなしは上級者向けです

まとめ

おうち遊びにぴったりなアイロンビーズ。

今回はプレートに注目して、詳しくご紹介してきました。

まとめ
  • 初心者はシリコンプレート or かたちプレートから始めてみよう
  • 応用がきくのは、四角型の透明プレート!
  • プレートが歪んでしまったときは、無理に直さず新しいものを
  • アイロンは低温~中温で押し付けないよう注意
  • プレートは両面テープで代用可能

上記のポイントを参考に、いろいろな作品にチャレンジしてくださいね!

スポンサーリンク
アイロンビーズのプレートは全部で3種類!違いやおすすめサイズを分かりやすく紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
ページトップへ
タップできる目次
閉じる